ライブカジノホールデムのプレイ方法

ほぼ間違いなく、西洋で最も愛されていて、最も知られているポーカーの種類です。ですから、その人気を利用しようとするライブカジノを見ても驚きではありません。このガイドは、厳密にはゲームのルールをじっくりと見るというよりも、ライブカジノでのプレイ向けのガイドです。ですから、それがあなたのお探しのものであれば、私たちの主なゲームガイドをここで見ることができます。友だち同士で、またはギャンブルの建物のどちらでも、実生活でテキサスホールデムを以前プレイしたことがあるなら、恐らくテキサスホールデム・ライトなどのライブカジノバージョンをもっと見つけるでしょう。

これはいくつかの理由のためですが、明確な理由は、1人の別の人、つまりディーラーとだけ対戦しているということです。他のプレーヤーに対して賭けていても、その人たちを見ることはできないので、ブラフや戦略はここでは適用されません。

ライブホールデムの仕組み

最初にインターフェースを見ると、ディーラーがゲームの中心にいますが、リセットすると上の画像のようになります。すべてのプロバイダーは若干異なりますが、同じようなブループリントです。オプションが現れたら、適切なチップの値をクリックすると、賭け金を選択することができ、その後で、テーブルの「アンティ」エリアをクリックします。チップの値を切り替えずにベットを増やしたい場合には、ひとつ以上のチップを置くことができます。

賭け時間は短いので、プレイしたいなら、かなり速く行動して最初の賭け金だけがこのゲームのコストではないことを覚えておく必要があります。実際には目一杯プレイするためには最低ベッティングユニットを3つ取ります。

ここでプレイしているバージョンは、Evolution Gamingのカジノホールデムで、いくつかサイドベットがあります。今は、サイドベットは脇に置いておき、後で説明しましょう。

各手順を説明するために例となる手札でやって行きます。

カジノホールデムの例

50銭賭けていて、賭けは終わりました。そこでゲーム開始を待っているところです。

この段階でサイドベットを置くこともできますが、選択しませんでした。ですから、そのオプションは今、この手では私たちには終了しています。

今、カードを受け取っていて、もちろん最初の3枚のコミュニティカードを見ることができます。ディーラーもカードを持っていて、これはすべて一度の取引で完了しました。

では、ゲームで可能な選択肢は

・フォールド

・プレイ

です。フォールドしたら、私たちのゲームは終わりでベットを失います。ですが、ゲームを「プレイ」する選択をするその他多数のプレーヤーがいるので、ゲームは続きます。プレーヤーの手札に関係なく、ディーラーは一切フォールドしません。

チャンスを夢見て、続けたいなら、最初の賭けの2倍の「プレイ」ベットを置かなければなりません。

ご覧の通り、他のプレーヤーが行った決定はパーセンテージとして表示されます。私たちの手札は悪いので、これはフォールドします。ですが、プレイしたいなら手札に取り掛かることができます。上を見て分かるように、ボードの「プレイ」エリアに1円の勝ちの追加チップがあります。これは、この手札をプレイすることを選択したので、3つのベッティングユニットに賭けていて、合計1円50銭です。次に、残り2枚のコミュニティカードが配られます(同時に)。それで、もしあれば、一番強い手が何であるのかが分かります。この後すぐにディーラーは手札をめくって、一番強いカードの人がゲームに勝ちます。

おすすめのライブカジノサイトをお探しですか?KakeRinで遊べる最高のソフトウェアプロバイダーのライブカジノゲームでスリルを楽しみましょう。最大で1000種類のゲーム、限定プロモーション、安全な通信、24時間サポートにビットコインを含む多種多様な決済方法を提供しています。

バカラをプレイすべき理由、すべきでない理由

ジェームスボンドがいなければ、バカラのカジノカードゲームは、現在ここまで人気ではなかったと言われてきました。裕福なギャンブラーに好まれるゲームとして幅広く記されていますが、バカラの歴史家は、このゲームの出所は上流階級ではないと明らかにしています。

最初にプレイされたのは、恐らく15世紀のイタリア。現在のバカラに似たカードゲームは、普通の戦士たちによってフランスにもたらされました。裕福なフランスの貴族階級の中のリーダーたちが戦士たちからこのゲームの遊び方を学びました。

リアルマネーバカラは世界中に広がるのに時間を要しました。1800年代後半には、ニューヨークタイムズ紙が違法なバカラゲームが増えていることを報告した北米に渡りました。記録に残された貴族のことに関して名前が挙がっていないので、ゲームは一部の労働階級の家族の間で人気のままでした。

マカオで最初にバカラがプレイされた時期に関する記録はありませんが、1500年代に中国南部の沿岸地にポルトガル植民地が築かれ、ポルトガル政府は、1850年代にそこでギャンブルを法律化しました。ほとんどのマカオ住民(付近の香港同様に)は、中国南部の人から分散されました。 バカラは現在でも中国のプレーヤーにとても人気です。マカオが2000年代初期に賭博法を

現代化して、昔の専売はなくなり、国際企業がこの町でのカジノ建設に招かれました。

カラは世界のほぼどのカジノでもプレイされている

旅行とギャンブル好きな方なら、ブラックジャックを除く他のどのカードゲームよりもどこでもバカラテーブルを見つけることが多いでしょう。

ブラックジャックやポーカー同様、バカラは4つのバリエーションに増えました。

  • バカラバンク
  • シェマンドフェール
  • ミニバカラ
  • プントバンコ

プントバンコはマカオとラスベガスでプレイされるバリエーションです。この2都市は世界のギャンブルの首都として考えられており、大金を賭けるプレーヤーがバカラプレイのために両都市に集まっています。

誰もが見にバカラをプレイすることが最も多いでしょう。この2つのゲームの最大の違いは、ミニバカラではプレーヤーがカードをシャッフルしないということです。

バカラの4つの主なバリエーションはさほど違いがない

バカラでは、プレイするゲームのバリエーションによって6~14名のプレーヤーがいます。1~3名のディーラー、シューターには6~8デッキあります。 プレーヤーはシェマンドフェールではバンカーとして交替しますが、ディーラーだけがカードをシャッフルします。シェマンドフェールではすべてのカードが裏向きに配られ、プレーヤーが最初に最大ベットでプレイします。

バカラバンクでは、ゲーム全体で1名のプレーヤーだけが取引できます。このバージョンでは同様に使用されるカードも少ないのですが、ベットはミニバカラやシェマンドフェールよりも大きくなる傾向にあります。

プントバンコは一番簡単なゲーム形式です。カードをシャッフルして配ることができるのはディーラーだけです。プレーヤーは賭け方法を決断するだけです。

ゲームのこの2つのバージョンを行き来する場合には、ミニバカラとプントバンコを見つけることが一番多いでしょう。ですから、ゲームをプレイするならカードの分配やシャッフルを期待しないでください。

恐らく、プレーヤーがカードを取り扱わないことは最適なことです。不正行為は以前ほど一般にはこびっていないかも知れませんが、ゲームで不正行為を行う方法がいくつかあります。マカオであっても、配られたカードの端をこするプレーヤーを見ることがあります。

Four Card Pokerのプレイ方法

Four Card Pokerは、実際にはポーカーゲームではありません。ブラックジャックのようなカジノゲームですが、ポーカーベースの考えを用いています(本物のポーカーゲームは、カジノではなく、他のポーカープレーヤーと対戦して進めて行きます)。ロジャー・スノー氏が自動シャッフルマシンメーカーとして知られるShuffle Masterの商標、Four Card Pokerを考案しました。アンティベット、「エースアップ」ベット、または両方の組み合わせでプレイします。プレーヤーとディーラーはそれぞれカードを5枚もらい、そのカードから4枚で最高の手札を作ります。6枚目の表向きのカードもあります。

プレーヤーはディーラーのカードを見るために、フォールドするかどうかを決定しなければならないので、カジノの方が有利です。プレーヤーがフォールドすると、ディーラーより良い手札を持っていても、賭けに負けることになります。また、ディーラーは4枚の手札を完成させるために、その追加の表向きのカードを使うことができるので一層有利です。この記事の残りの部分では、four-card pokerをプレイする方法、勝ち目、勝つための最適な戦略に関する詳細を説明して行きます。

プレイ方法

プレーヤーはディーラーと対戦します。テーブルに他のプレーヤーがいる場合がありますが、他のプレーヤーと比較する方法は関係ありません。大事なことは、ディーラーと対戦する方法です。 必要とされるアンティベットを置くところから始めます。「アンティアップ」ベットを置くこともできます。 ベットを置いた後に、裏向きのカードを5枚受け取ります。ディーラーも裏向きのカードを5枚受け取りますが、1枚表向きのカードも受け取ります。

自分が持っている情報(自分の手札と表向きのカード)に基づいて、レイズするかフォールドするかを決めなければなりません。フォールドの場合、カジノがあなたのベットを手に入れ、おしまいです。一方で、「エースアップ」ベットは、関係なくアクションのままです。自分の手札でとどまることを決定する場合には、アンティベットと同じ金額で少なくともレイズしなければなりません。最高でアンティベットの3倍でレイズできます。その後に、カードを1枚捨てて、できるだけ最高の手札を4枚のカードで作ります。

最高のハンドから最低のハンドまで、Four Card Pokerのハンドランキングは以下の通りです。

  • フォー・オブ・ア・カインド
  • ストレート・フラッシュ
  • スリー・オブ・ア・カインド
  • フラッシュ
  • ストレート
  • ツーペア
  • ワンペア
  • ハイカード

ディーラーも自分のカードをめくって、6枚のカードから最高の4枚のカードの手札を選択します。あなたの手札の方が良ければ、アンティとレイズベットの両方でイーブンマネーを手に入れます。ディーラーの手札の方が良ければ、アンティとレイズベットの両方を失います。スリー・オブ・ア・カインド以上であれば、ディーラーに勝つかどうかに関係なく、ボーナスを手に入れます。

Four Card Pokerペイテーブル

これがゲームのペイテーブルです。最初は、スリー・オブ・ア・カインドボーナスのペイテーブルです。2番目はエースアップベットのものです。

スリー・オブ・ア・カインドのボーナス。

  • フォー・オブ・ア・カインドは25対1の支払い
  • ストレート・フラッシュは20対1の支払い
  • スリー・オブ・ア・カインドは2対1の支払い

一部のカジノは、フォー・オブ・ア・カインドには30対1と多く、ストレート・フラッシュには15対1と少なく払うところもあります。

エースアップのペイテーブルは次の通りです。

  • フォー・オブ・ア・カインドは50対1の支払い
  • ストレート・フラッシュは40対1の支払い
  • スリー・オブ・ア・カインドは8対1の支払い
  • フラッシュは5対1の支払い
  • ストレートは4対1の支払い
  • ツーペアは3対1の支払い
  • エースのペアはイーブンマネーの支払い

これはゲームで入手できる複数のペイテーブルの一例にすぎませんが、これは最も共通するものです。すべてのペイテーブルはフォー・オブ・ア・カインドには50対1の支払いをしますが、ストレート・フラッシュでは30対1の支払いしかしないところがあります。スリー・オブ・ア・カインドのペイアウトは7対1~9対1と異なることがあります。一部のペイテーブルはフラッシュでは5対1ではなく、6対1で支払います。ストレートは一部のペイテーブルでは5対1の支払いもします。ツーペアは2対1しか支払わないこともあります。