バカラをプレイすべき理由、すべきでない理由

ジェームスボンドがいなければ、バカラのカジノカードゲームは、現在ここまで人気ではなかったと言われてきました。裕福なギャンブラーに好まれるゲームとして幅広く記されていますが、バカラの歴史家は、このゲームの出所は上流階級ではないと明らかにしています。

最初にプレイされたのは、恐らく15世紀のイタリア。現在のバカラに似たカードゲームは、普通の戦士たちによってフランスにもたらされました。裕福なフランスの貴族階級の中のリーダーたちが戦士たちからこのゲームの遊び方を学びました。

リアルマネーバカラは世界中に広がるのに時間を要しました。1800年代後半には、ニューヨークタイムズ紙が違法なバカラゲームが増えていることを報告した北米に渡りました。記録に残された貴族のことに関して名前が挙がっていないので、ゲームは一部の労働階級の家族の間で人気のままでした。

マカオで最初にバカラがプレイされた時期に関する記録はありませんが、1500年代に中国南部の沿岸地にポルトガル植民地が築かれ、ポルトガル政府は、1850年代にそこでギャンブルを法律化しました。ほとんどのマカオ住民(付近の香港同様に)は、中国南部の人から分散されました。 バカラは現在でも中国のプレーヤーにとても人気です。マカオが2000年代初期に賭博法を

現代化して、昔の専売はなくなり、国際企業がこの町でのカジノ建設に招かれました。

カラは世界のほぼどのカジノでもプレイされている

旅行とギャンブル好きな方なら、ブラックジャックを除く他のどのカードゲームよりもどこでもバカラテーブルを見つけることが多いでしょう。

ブラックジャックやポーカー同様、バカラは4つのバリエーションに増えました。

  • バカラバンク
  • シェマンドフェール
  • ミニバカラ
  • プントバンコ

プントバンコはマカオとラスベガスでプレイされるバリエーションです。この2都市は世界のギャンブルの首都として考えられており、大金を賭けるプレーヤーがバカラプレイのために両都市に集まっています。

誰もが見にバカラをプレイすることが最も多いでしょう。この2つのゲームの最大の違いは、ミニバカラではプレーヤーがカードをシャッフルしないということです。

バカラの4つの主なバリエーションはさほど違いがない

バカラでは、プレイするゲームのバリエーションによって6~14名のプレーヤーがいます。1~3名のディーラー、シューターには6~8デッキあります。 プレーヤーはシェマンドフェールではバンカーとして交替しますが、ディーラーだけがカードをシャッフルします。シェマンドフェールではすべてのカードが裏向きに配られ、プレーヤーが最初に最大ベットでプレイします。

バカラバンクでは、ゲーム全体で1名のプレーヤーだけが取引できます。このバージョンでは同様に使用されるカードも少ないのですが、ベットはミニバカラやシェマンドフェールよりも大きくなる傾向にあります。

プントバンコは一番簡単なゲーム形式です。カードをシャッフルして配ることができるのはディーラーだけです。プレーヤーは賭け方法を決断するだけです。

ゲームのこの2つのバージョンを行き来する場合には、ミニバカラとプントバンコを見つけることが一番多いでしょう。ですから、ゲームをプレイするならカードの分配やシャッフルを期待しないでください。

恐らく、プレーヤーがカードを取り扱わないことは最適なことです。不正行為は以前ほど一般にはこびっていないかも知れませんが、ゲームで不正行為を行う方法がいくつかあります。マカオであっても、配られたカードの端をこするプレーヤーを見ることがあります。